紙通帳有料化の流れに

今年1月18日から、メガバンクのみずほ銀行では預金口座開設時に紙通帳の発行を希望すると手数料が1,100円かかるようになりました。

また、三井住友銀行でも、4月1日以降開設口座で紙通帳を利用する場合、手数料として550円が毎年口座から引き落とされることになっています。

三菱UFJ銀行はまだ有料化はしていませんが、大手地銀でも有料化の流れが見らえます。

この流れは今後も続くと思われます。

紙通帳不発行を促進するため、ネットバンキングでの入出金明細が確認できる期間の長期化も図られています。

これも一つのペーパーレスですね。