相続に関するルールが変わっています!②

〇2019年7月1日から「遺産分割前の相続預金の払い戻し制度」

この制度は、亡くなった人の葬儀費用などを、故人の銀行口座から

最大150万円引き出すことができるようにするものです。

人が亡くなりそのことを金融機関が知ると故人名義の口座は凍結されます。いったん口座が凍結されると遺産分割が成立するまで続き相続人が単独で預貯金を引き出すことができませんでした。その為、親族がなくなると葬儀費用など何かとお金が掛かる場面で相続人が困ってしまうという問題がありました。こういった問題を解決するため条件付きではアリアますが、故人の口座からお金を引き出せるというのが「遺産分割前の相続預金の払戻し制度」です。

ただ、払戻しが請求できる金額は以下の計算式によって算出されます。

相続開始時の預貯金の額×1/3×法定相続人の法定相続分

そして、一つの金融機関から引き出せる金額は最大で150万円までです。

また、実際にはそんなに簡単に引き出せるわけではなく、必要書類として故人・相続人全員の戸籍謄本、印鑑証明書等相続手続きに必要な書類とほぼ同じ書類が必要となるためあまり使い勝手の良い制度ではないようです。