10月1日から酒税が変わります!

2017年度の税制改正において、酒類間の税負担の公平性を回復する等の観点から、酒税法の改正が行われました。

改正ポイントの1つはビール系飲料の定義の見直し、もう1つは税率構造の見直しです。

定義の見直し

いままで「ビール」「発泡酒」「新ジャンル」などの呼び方がなされていますが今後段階的に呼称が統一され最終的に「発泡性種類」となります。

税率の見直し

ビールは段階的に減税され、発泡酒・新ジャンルは増税され最終的には2026年ぜいりつが統合されます。